インプラント:主な診療項目

インプラント治療とは

インプラント

虫歯や歯周病などで歯を喪失した後、チタン(チタン合金)製の支柱を顎の骨に埋め込み、それを土台として歯を修復する治療をデンタルインプラント治療と言います。インプラント治療は、従来の取り外し式の義歯やブリッジと比較して、機能的、審美的に優れており、周囲の歯を削ったりする必要がないことなどの利点が挙げられ、近年では一般的な歯科治療となっています。

一般的な治療の流れは、インプラントを骨の中に埋め込み、インプラントと骨が十分に接着するのを待ってから、その上部に歯を作成します。インプラントを埋め込む前に骨を増やす手術などが必要な場合には、1年以上待つこともあります。

インプラント治療は外科手術が必要であり、事故や合併症のリスクがあることが報道でも取り上げられ、インプラント治療の安全性の確保に対する意識が高まっています。

インプラント治療の成功の鍵を握る一つの重要な条件は、インプラントと骨が十分に接着し、インプラントがあごの骨の中で動揺することなく安定することです。
その安定が得られず失敗に終わることも一般的には相当数あり、症例の難易度は患者の骨の状態などによって大きく異なりますので、治療には施術者の技量が大きく影響します。

参考サイト:Wikipedia (参照 2017-06)

インプラント治療で行われる主な診療・検査

インプラント骨再生治療顎関節治療矯正麻酔審美治療美容治療エイジングケアルーペ(拡大鏡)使用治療マイクロスコープ噛み合せ検査カウンセリング無痛感覚治療
※主な治療・診療・検査項目は、関連の深い物を示しています。実際の治療内容は、患者様のご希望によって変わります。
「無痛感覚治療」は個人によって感覚は異なります。

コメット歯科がお勧めするインプラント治療

インプラント科コメット歯科クリニック院長 金光琢磨は、世界最大規模を誇る、ICOI(International Congress of Oral Implantlogists) 国際口腔インプラント専門医学会の認定医・指導医を取得しています。

骨再生治療コメット歯科クリニックでは、「再生医療新法」に基づく申請を行い、厚生労働省「特定細胞加工物製造施設」の認定 (認定番号:FC4140014) を取得いたしました。

麻酔コメット歯科クリニックには、歯科麻酔医が常勤しています。 これによって、静脈内鎮静法と呼ばれる、患者様の体への負担の少ない麻酔が可能となりました。

宿泊施設施術後、麻酔からの回復時間や、遠方からお越しで、ご帰宅に不安な患者様は、院内でご宿泊いただけます。

宿泊施設>>

インプラント治療に関連する「コメット歯科の医療情報」

今、お悩みの症状に似た症例があるかも知れません。
気にかかるタイトルの記事はぜひ詳細を御覧ください。

「総合歯科」へ コメット歯科の取り組み
コメット歯科「4つの診療科目」「17の診療項目」「26の診察内容」
「噛み合せ治療・歯周病・インプラント・矯正・金属アレルギー」を複合治療
「前歯が閉じない・歯並びが悪い・顎関節症・親知らず4本」を複合治療
「歯並びが悪い・顎関節症・片噛み・有害金属(銀歯)除去・親知らず抜歯・ホワイトニング」を複合治療
「歯周病・骨造成・インプラント・顎関節症・金属アレルギー」を複合治療
 
「インプラント」とは、どのような治療ですか?
今最も理想に近いインプラントの被せ物、「ジルコニア」で白い歯に
「ニューロマスキュラー矯正」「インプラント矯正」とは?
骨が薄過ぎる難症例でも、骨造成や骨移植でインプラントが可能
インプラント治療は受けたが、思うように噛めない
激安インプラントの危険性と、インプラントで気をつけるべき点
インプラントに賞味期限があることをご存知ですか?
インプラントでヘルシーエイジングケア 噛むことが健康の秘訣
骨の中に埋もれている歯があるため、インプラント治療ができない
骨が無くても、インプラントは可能 ~骨造成手術2例~
骨が無くても、インプラントは可能 ~オールオン4~
他院のインプラントが入っているので治療ができない
インプラントのメリット 45歳女性、68歳男性がハーフマラソンを完走
インプラント治療でドリルを使うのは危険?
知らないと後悔するインプラント後のメンテナンス
インプラントで失敗をしない歯医者選び(1)医師の人柄・契約書
インプラントで失敗をしない歯医者選び(2)激安インプラントを行っていない
インプラントで失敗をしない歯医者選び(3)他の治療方法の説明がある
インプラントで失敗をしない歯医者選び(4)血液検査を行う
≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲