インプラントで失敗をしない歯医者選び(6) ALL-on-4®

「骨がないのでインプラントはできない?」 ALL on 4(オールオン4)

当院を受診される患者さんのうち、他院で「骨がないからインプラントはできない」と言われた患者さんが少なくありません。しかし、ご安心ください。骨がなくてもインプラントはできます!今回はALL on 4(オールオン4)についてお話します。

ALL-on-4®治療とは?

1998年、Dr. Paulo Maloは、ALL-on-4®治療コンセプトを用いた初めての治療を成功させました。それ以来、ノーベルバイオケア社製インプラントを使用したこの方法により、数十万人の患者を治療してきました。
ALL-on-4®治療は、傾斜埋入インプラントを使用する全顎治療に適した方法です。
従来の方法では骨が不足していてインプラントを諦めていた患者さんにも、固定式の補綴物を手術当日に提供することができます。

主な特徴

  • 4本から6本の少ないインプラントで固定式の歯がその日に入ります。(まれにその日に固定式の歯が大らない場合もあります。)前歯部のインプラント2本と臼歯部の最大450傾斜したインプラント2本が基本です。
  • 骨が不足している患者さんにも骨移植を必要としません。臼歯部インプラントを傾斜させることにより骨移植を回避し、利用できる骨を活用します。
  • 生活の質(QOL)の急速な向上
    手術当日に固定式の補綴物が入るため、機能性、審美性、感覚、発音、自尊心など患者さんの満足度がすばやく改善されます。
  • 低コスト
    このコンセプトでは、無歯顎患者向けの従来のインプラント治療に比べて費用もかかりません。

歯が全くない人や重度の虫歯、歯周病で歯がグラついて噛めない人にも対応可能なインプラント”オールオン4”が、日本でも優れた評価を得られるようになってきました。
事実ノーベルバイオケア社によって開発されたこのシステムは、今や世界中のインプラントメーカーが模倣し、製品として売り出すようになってきました。もちろんコメット歯科では10年前から臨床に取り入れて、多くの患者さんの高い評価と満足を得ています。
歯を失う原因として、見落としがちな事に皎合不正がありますが、特に当院では本来の正しい咬み合わせに戻す顎関節(噛み合わせ)治療を含めて画期的なオールオン4を行っています。これによって表情筋を含めた複数の筋肉を測定し、最もバランスのとれた正しい噛み位置に合わせて、新しい人工歯を作成することが可能になります。

この治療により、理想的な噛み心地を再び体験できるようになっていただきたい、それが当院の思いです。通常は全ての歯に1本ずつインプラントを埋め込むのに対し、オールオン4は、わずか4~6本のインプラントを埋入するのみ。

これだけで片顎の全部に、固定式・ブリッジ形式の上部構造物を支えることができるのです。従って手術の時間も短縮でき、手術した当日に見た目が回復し、仮歯を入れて食事をすることも可能です。腫れもほとんどありません。

そして当院では、静脈内鎮静法(点滴麻酔)で眠っている間に全てが終わってしまう完全無痛治療法を行っているので、歯医者恐怖症の方でも問題ありません。

上顎洞間の骨量が少ない場合は、頬骨へのインプラント(ザイゴマインプラント上埋入)で対応いたします。

また埋入位置や方向をシミュレートするナビゲーションシステムを用い、たった数ミリの穴を開けるだけでインプラントを埋め込む「フラップレス」という手術も行っています。

このようにあらゆる症状に対応するためにも、インプラント手術の実績が豊富でトラブルに繋がるような症例を見分けられる、きちんとしたクリニックでの治療を受けることをお勧めします。

症例データ
治療 カテゴリー インプラント
治療 名称 オールオン4
年齢 68歳
性別 男性
保険の適用 自由診療
おおよその費用 350万円ほど
他・治療リスクなど 骨質等の問題がある場合には、大事を取るため即日にインプラントの固定式ブリッジを入れずに義歯にしておき 後に固定式に変えていく方法があります。

お口にお悩みがあれば、保険の範囲で検診し、治療やご相談が出来ます。どうぞコメット歯科までお気軽にご来院ください。

※ 記事は情報誌掲載時の内容が主体になっております。 掲載写真、設備、価格などのデータが最新ではない場合がありますので、詳細に関してはお問い合わせいただきますようお願いいたします。また、記事中の役職・肩書などは情報誌掲載当時、もしくは著書出版時のものです。

≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲