新型コロナウイルス感染症に対して

まずは患者様の、そしてそれを支えるスタッフの安全を確保するために、考えらえれる対策はすべて行えるよう、日々努力をしております。

コメット歯科クリニックでは、これらの対策を より注意深く行い。

患者様の健康を守るために、可能な限り診療を続けて参ります。

コメット歯科の院内感染防止策・「3密」対策

1《密閉》対策 (換気の悪い《密閉》空間対策)

  1. 診療チェアは 2.5m 間隔

  2. 隣席とはパーティションで区分け

  3. 建物設計時より計算された強力換気システム

  4. 個室での治療も、無料で選択可能

  5. 治療スペースで「飛沫」などが予見される部分は、患者様毎に滅菌消毒を実施

  6. エアロゾルによるウイルス飛散を防ぐ、口腔外バキューム完備

2《密集》対策 (多数が集まる《密集》場所対策)

  1. 広い待合スペース

  2. 18席のソファーは…
    2人掛けで1席90cm以上、
    1人掛けは1m以上の幅を確保

  3. 完全予約診察のため、待合室に5人以上患者様を、同時にお待たせすることはありません

  4. 入館の際と診療エリア入室の際の2度、患者様の靴底の消毒をお願いしています

  5. 廊下は1時間毎に除菌専用シートを用いたモップ掛けを行っています

  6. 診療エリア入室前の手の消毒には「防菌・防ウイルス効果成分 Etak®」(リンク先にてその効力をご確認ください)を使用しています

3《密接》対策 (間近で会話や発声をする《密接》場面対策)

  1. 治療中は、ゴーグル・マスク・ルーペ・グローブを使用

  2. グローブは患者様毎に必ず、新品を使用

  3. 治療に使用するタービン(歯やかぶせ物などを削る時に使用する機器)などの器具類は、患者様毎に洗浄・滅菌処理

  4. 患者様にご利用いただく、ひざ掛けブランケットに至るまで消毒処理を実施しています。

コメット歯科の 院内感染防止スクリーニング

患者様向け

  1. ご来院の際、受付にてまず検温させて頂きます。

  2. ご協力いただき ありがとうございます。
  3. ご希望の方には、医療用 パルスオキシメーター を用いた詳細な検査(5,000円:税抜)も承ります。

スタッフ向け

〇 本人、家族に発熱など、コロナウイルス感染を懸念させる症状があった場合

  1. 即時、自宅待機。

  2. 症状沈静後、2週間 自宅待機を継続。

〇 本人、家族に症状が無い場合

  1. 出勤後、検温の後 タイムカードを打刻。

  2. 感染の疑いを心配するスタッフには、必要に応じて医療用 パルスオキシメーター を用いた検査を実施。


パルスオキシメーターとは…

皮膚を通して動脈血酸素飽和度(SpO2)と脈拍数を測定するための装置です。赤い光の出る装置(プローブ)を指にはさむことで測定します。

肺から取り込まれた酸素は、赤血球に含まれるヘモグロビンと結合して全身に運ばれます。酸素飽和度(SpO2)とは、心臓から全身に運ばれる血液(動脈血)の中を流れている赤血球に含まれるヘモグロビンの何%に酸素が結合しているか、皮膚を通して(経皮的に)調べた値です。プローブにある受光部センサーが、拍動する動脈の血流を検知し、光の吸収値からSpO2を計算し表示します。

新型コロナウィルスに感染すると、肺の機能が低下し酸素を体内に取り込む力が落ちてくるので、酸素飽和度(SpO2)は下がります。

パルスオキシメーターは、新型コロナウィルスの確定診断には、用いることができませんが、初期の新型コロナウィルスによる肺炎を生じている方のスクリーニングに用いています。
医療機関でも軽症の患者の経過観察に用いています。

コメット歯科の 洗浄・滅菌 処理詳細

1 タービン専用 自動洗浄滅菌機

 タービン(歯やかぶせ物などを削る時に使用する機器)を洗浄する専門の装置(KaVo社 クアトロケアプラス)です。
タービンは、高速回転する精密な機器であり更に内部が細く、洗浄が極めて難しい構造になっています。 そこに入り込んだ細菌は 通常の洗浄ではかなりの洗い残しの部分が残ってしまいます。しかしコメット歯科では、専用の機器を使用することで隅々まで洗浄・滅菌が行えます。
患者様ごとに洗浄・滅菌処理を施した清潔なタービンへ、必ず交換しております。

2 ジェットウォッシャー

 治療で使用したすべての器具は、最初に自動洗浄機で約100度まで上昇した熱湯を回転ノズルで噴射し、徹底的に洗い流し、洗い落とす作業をします。こうして乾燥まで70分かけて洗浄・消毒します。
院内2か所の消毒室それぞれに、ミーレ社のジェットウォッシャーを設置・使用しております。

3 高圧真空滅菌機

最高世界基準 クラスBの「高圧真空滅菌機」(クラスBオートクレーブ「リサ22」)を含む4台の機器で滅菌処理をしています。

(クラスBとは:EN1060のクラス分類で、固形物、多孔性物、中空物、非包装、包装 あらゆる被滅菌物を滅菌が可能です。 クラスS、クラスNよりも高い水準です)

≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲