顎関節(噛み合せ):主な診療項目

顎関節(噛み合せ)とは

顎関節(噛み合せ)

顎関節症は、単一の疾患ではなく、障害を受けている部位と病態が異なるさまざまな疾患が含まれていますが、いわゆる「顎関節症」として一般的に認識されている症状は、顎関節や耳の前方に疼痛や不快感、開口障害、顎運動時の雑音や疼痛、頭痛などとされています。

一般的に認識されている原因には、不正咬合、生活習慣、心因性などがあり、その治療によく選択される治療方法には、噛み合せの改善、スプリント療法、外科手術があります。

不正咬合の部位と状態が明確に判断できた場合、噛み合せの改善を目標とした治療が施され、診断が正確に行われた場合、その治療効果は大きいとされています。

参考サイト:Wikipedia (参照 2017-06)

顎関節(噛み合せ)治療で行われる主な診療・検査

顎関節治療矯正インプラントルーペ(拡大鏡)使用治療マイクロスコープ噛み合せ検査カウンセリング無痛感覚治療
※主な治療・診療・検査項目は、関連の深い物を示しています。実際の治療内容は、患者様のご希望によって変わります。
「無痛感覚治療」は個人によって感覚は異なります。

コメット歯科がお勧めする顎関節(噛み合せ)科治療

顎関節治療非常に治療が難しいとされる顎関節症の様々な症状に対して、スプリント療法のような痛みを取るだけではなく、ニューロ マスキュラーコンセプトに基づいて根本的な治療を行っています。

生理的な下顎の位置補正にとどまらず、審美的にも優れた容貌の回復を目指し、その成果に対して多くの患者様から、喜びの言葉を頂いております。

顎関節(噛み合せ)治療に関連する「コメット歯科の医療情報」

今、お悩みの症状に似た症例があるかも知れません。
気にかかるタイトルの記事はぜひ詳細を御覧ください。

「総合歯科」へ コメット歯科の取り組み
コメット歯科「4つの診療科目」「17の診療項目」「26の診察内容」
「噛み合せ治療・歯周病・インプラント・矯正・金属アレルギー」を複合治療
「前歯が閉じない・歯並びが悪い・顎関節症・親知らず4本」を複合治療
「歯並びが悪い・顎関節症・片噛み・有害金属(銀歯)除去・親知らず抜歯・ホワイトニング」を複合治療
「歯周病・骨造成・インプラント・顎関節症・金属アレルギー」を複合治療
 
理想的な正しい位置で噛めれば、体が若々しく健康に
顎関節症の治療は、事前の「噛み合せ」チェックが最も重要
治療をしたのに上手に噛めない ~プロビジョナルでの治療例~
めまい、頭痛、不眠症… 顎関節症が原因? 顎関節症 チェック
顎関節(ニューロマスキュラー)治療で、必需品だった杖が不要に!
顎関節の痛み軽減に「中周波マイクロカレント治療」を利用
「ニューロマスキュラースポーツマウスガード」でスポーツパフォーマンスの向上
歯医者が歯の状態を悪化させることがある?!
 
成人後の矯正で、よい歯科医院を選ぶポイント
矯正は、3歳から12歳までに始めると効果的
前歯が閉じない… 矯正治療で一番難しい症例
歯を抜かない 矯正治療
 
予防歯科は、検査、治療法など驚くほど進化しています
小児歯科は予防がもっとも大切
放っておけない口臭 私の口の臭いは 大丈夫??
最新 歯科医院専用ホワイトニング
≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲