小児歯科:診療科目

 

小児歯科とは

小児歯科

小児歯科とは、一般的に成人に至るまでの患者様を担当する歯科の事を指します。
小児歯科では、小児の成長発育に関する知識が必要とされる事はもちろんの事、ご両親と共に考え実践できる歯科指導や、お子様とのコミュニケーションや行動科学にも重きを置かれる診療科です。

参考サイト:Wikipedia (参照 2016-02)

小児歯科で行われる主な治療・診療・検査

予防治療虫歯治療歯肉炎治療歯垢歯石除去治療ルーペ(拡大鏡)使用治療マイクロスコープ治療矯正治療カウンセリング治療無痛感覚治療
※主な治療・診療・検査項目は、関連の深い物を示しています。実際の治療内容は、患者様のご希望によって変わります。
「無痛感覚治療」は個人によって感覚は異なります。

コメット歯科がお勧めする小児歯科治療

小児歯科コメット歯科クリニックでは、お子様たちが将来、「8020」ではなく「8028」を実現していただけるよう、早期から正しい虫歯予防の知識や、毎日の歯のお手入れ方法、定期的な検診の習慣を身に着けていただける事をお勧めしております。

予防治療コメット歯科クリニックでは、小児歯科の中でも「予防」に主眼を置き、治療にあたっております。 それゆえに、科目名も「小児予防歯科」で統一しております。

矯正治療小児矯正は、乳歯が生えそろった3歳くらいからの対応が可能です。
永久歯が生える準備から矯正を始めることで、無理なく、より美しい歯列を作ることが可能となります。

小児歯科に関連する「コメット歯科の医療情報」

今、お悩みの症状に似た症例があるかも知れません。
気にかかるタイトルの記事はぜひ詳細を御覧ください。

「総合歯科」へ コメット歯科の取り組み
コメット歯科「4つの診療科目」「17の治療項目」「26の診察内容」
皆様の厚いご支援で42年『コメット歯科』感謝の歴史
皆様の厚いご支援で42年『コメット歯科』感謝の歴史 その2
皆様の厚いご支援で42年『コメット歯科』感謝の歴史 その3
 
最先端予防歯科医学編 シリーズNo.1 あらゆる病気は「口の中」から!
最先端予防歯科医学編 シリーズNo.2 「認知症」の原因も「口の中」にあった!
 
「ニューロマスキュラースポーツマウスガード」でスポーツパフォーマンスの向上
歯医者が歯の状態を悪化させることがある?!
「顎の位置」が「姿勢」に影響するって 本当ですか?
 
矯正は、3歳から12歳までに始めると効果的
前歯が閉じない… 矯正治療で一番難しい症例
歯を抜かない 矯正治療
 
銀歯が原因?! 脱毛、アトピー、頭痛、肩こり、うつ病…
意外と知られていない日本の虫歯治療(保険適用「銀歯」)のリスク
 
予防歯科は、検査、治療法など驚くほど進化しています
小児歯科は予防がもっとも大切
≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲