スポーツ治療:主な治療項目

スポーツ治療と歯科医院の関わりとは

スポーツ治療

「スポーツ歯科」は、「スポーツ医科」の"歯科"の分野で、『すべてのスポーツ競技を通じて適切なスポーツ活動の選択、助言、診査、管理、監督と、また必要に応じて治療を行い、さらに専門的情報を提供することを目的とする特別な歯科医学の部門』と定義されています。
何だか難しい学問のようですが、「スポーツ歯科」の具体的な目標を示すと理解しやすいかも知れません。
その具体的目標とは、

  1. スポーツによる住民の健康・安全づくりを支援する。
  2. 顎顔面口腔領域でのスポーツ外傷を予防する。
  3. スポーツ競技力の維持・向上をサポートする。
以上3つが掲げられています。
今日、スポーツの目標は、従来から言われている競技パフォーマンスの向上だけではなく、健康の保持・増進によって、健康で快適な生活を送ることができるというQOL、すなわち生活の質の向上に寄与する大きな役割を担っています。
参考サイト:栃木県歯科医師会 (参照 2017-10-17)

スポーツ治療で行われる主な診療・検査

噛み合せ検査スポーツ マウスガード製作ルーペ(拡大鏡)使用治療マイクロスコープ治療矯正治療インプラント治療カウンセリング治療無痛感覚治療
※主な治療・診療・検査項目は、関連の深い物を示しています。実際の治療内容は、患者様のご希望によって変わります。
「無痛感覚治療」は個人によって感覚は異なります。

コメット歯科を取り巻く スポーツ治療

最先端アスリートの競技結果にも影響する「歯学」(噛み合せ)

ロス五輪以後、日本でもスポーツと歯科の関連が認識される

スポーツ治療1986年に開催されたロサンゼルスオリンピックまで、日本ではオリンピック出場選手に対して、歯科的ケアを組織として行うことはありませんでした。

しかし、大会後の調査で、歯科的トラブルが原因で競技結果に影響があったとする選手が20名以上いたことが判明しました。以後、オリンピック特別強化指定選手は全員、内科・整形外科に加え歯科の定期検診が義務付けられたのです。

「咬み合わせ」に関する科学的アプローチ

様々な調査や研究により、運動と歯・噛み合せの関係が明らかになってきました。
「咬み合わせ」は、スポーツ全体の約70%の種目でパフォーマンスに関わると考えられています。

たとえば、ゲートボールの上手い高齢者が入れ歯を外すと下手になってしまうのは、歯がないと下顎が固定されず、頭が動いて体の軸がぶれるからです。
また、噛み合せが弱ければ動作が緩慢となり、噛み合せの面積が広がると体幹が向上するなど、科学的な研究が2020年に開催されるオリンピック・パラリンピック東京大会に向けて、さらに熱気を帯びて来ています。

2011年の「スポーツ基本法」には歯学の役割が明記され、また2012年の「スポーツ基本計画」で歯学がほかの分野と連携しながら研究を進めることが求められるなど、医学、生理学、心理学などとともに、歯科はスポーツにおいて重要な役割を担うようになっているのです。

Dr.安奈のコメットライフ より

2019年 スポーツ歯科医学会の総会・学術大会>>

ニューロマスキュラー スポーツ マウスガードの効果 1

日本中央競馬会 (JRA) 騎手 小牧太さん

日本中央競馬会 (JRA) 騎手の小牧太さんに、コメット歯科クリニックで制作した、ニューロマスキュラー スポーツマウスガードを入れさせていただきました。マウスガードを入れてない時と、入れてる時の違いをテストしました。アスリートにとって、この装置が大いに役立つことがお分かりいただけるかと思います。動画は途中から、向きが変わってしまいますが、、ごめんなさい。

ニューロマスキュラー スポーツ マウスガードの効果 2

競輪選手 山田雅之さん

競輪選手、山田雅之さんに、コメット歯科クリニックで制作したニューロマスキュラー スポーツマウスガードをテストしていただきました。
握力
右手 45.9kg → 53.7kg 
左手 46.1kg → 50.4kg
力の入り方が違うのをご実感いただけたご様子でした。

ニューロマスキュラー スポーツ マウスガードの効果 3

総合格闘家 杉江“アマゾン”大輔さん

総合格闘家 杉江“アマゾン”大輔さんに、コメット歯科クリニックで制作したニューロマスキュラー スポーツマウスガードをテストしていただきました。
握力
右手 48.7Kg → 56.6Kg
左手 46.0Kg → 49.3Kg
「良い感じ、踏ん張りがきく」とコメントいただきました。

ニューロマスキュラー理論に基づくスポーツ マウスガードの製作>>
Dr.安奈が検証 ニューロマスキュラー スポーツ マウスガードの効果>>

スポーツ治療に関連する「コメット歯科の医療情報」

今、お悩みの症状に似た症例があるかも知れません。
気にかかるタイトルの記事はぜひ詳細を御覧ください。

「総合歯科」へ コメット歯科の取り組み
コメット歯科「4つの診療科目」「17の治療項目」「26の診察内容」
皆様の厚いご支援で42年『コメット歯科』感謝の歴史
皆様の厚いご支援で42年『コメット歯科』感謝の歴史 その2
皆様の厚いご支援で42年『コメット歯科』感謝の歴史 その3
 
最先端予防歯科医学編 シリーズNo.1 あらゆる病気は「口の中」から!
最先端予防歯科医学編 シリーズNo.2 「認知症」の原因も「口の中」にあった!
 
「ニューロマスキュラースポーツマウスガード」でスポーツパフォーマンスの向上
理想的な正しい位置で噛めれば、体が若々しく健康に
顎関節症の治療は、事前の「噛み合せ」チェックが最も重要
歯医者が歯の状態を悪化させることがある?!
「顎の位置」が「姿勢」に影響するって 本当ですか?
 
成人後の矯正で、よい歯科医院を選ぶポイント
歯を抜かない 矯正治療
 
リアルタイムに体内のミネラルバランスと有害金属を検査
遅延型フードアレルギー検査で、「隠れアレルギー」の原因をつきとめる
「終末糖化産物(AGEs)測定」は、自分の健康寿命が予測できる指標です
≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲