岐阜市 麻酔科治療:コメット歯科クリニック

麻酔科治療

麻酔科治療

麻酔科医とは

麻酔科医(ますいかい、英: Anesthesiologist)または麻酔科医師、麻酔医、麻酔医師とは、術前、術中、術後に麻酔の管理を行う麻酔科の医師であり、今日では手術の進行と共に不安定になる患者の容態を医療行為によって生命維持する役割(全身管理)を担う。術中だけでなく術前・術後の麻酔科医の任務を重視して、他科と協同して行う周術期管理と呼ぶ。手術室でのチーム医療(手術チーム)の一員である。

歯科医との関係

歯科医師の麻酔技能を医科麻酔科で研修を受けることで向上させる「歯科医師の医科麻酔科研修」が実施されている。これら歯科麻酔科医は、全身管理を含む歯科治療(インプラントなど)、全身麻酔による歯科治療(障害者など)のための麻酔を行うが、医科の麻酔科医として働くことは法で禁止されている。この他歯科との関係としては歯科医師過剰問題にまつわり、歯科医師によって麻酔科医の不足を補おうと真剣に議論された時期があった。歴史的にも歯科手術の際の麻酔は、虫歯以外に疾患のない健常者が麻酔を受ける機会として大きなテーマであり、麻酔科学の成立に大きな影響を与えた。

参考サイト:Wikipedia (参照 2018-12)

麻酔科治療と関連する主な診療・検査

噛み合せ治療口腔外科治療インプラント治療矯正治療カウンセリング治療無痛感覚治療
※主な治療・診療・検査項目は、関連の深い物を示しています。実際の治療内容は、患者様のご希望によって変わります。「無痛感覚治療」は個人によって感覚は異なります。

コメット歯科の麻酔科治療

スポーツ上記「歯科医との関係」の項目にある様に、歯科麻酔医の不足は深刻な問題であり、多くの歯科医院では研修を受けた歯科医師が麻酔を行っております。

しかし、インプラント治療・顎関節治療など、より綿密な麻酔を行うために、コメット歯科クリニックには、日本歯科麻酔学会の認定医の資格を取得した歯科麻酔医が常勤しています。

これによって、麻酔施術に関わる患者様への厳密なヒアリングや、細やかな配慮が可能となり、患者様の体への負担の少ない麻酔が可能となりました。

コメット ロイヤルペースト

「研磨剤」「発泡剤」「防腐剤」「フッ素」…など、有害性を疑われる素材を含まない「歯磨き剤」を探す方が、ますます増えつつある今。

その理想の「歯磨き剤」を目指して開発された、「コメット ロイヤルペースト」は、ご家族のどなたにも安心してご使用いただけるよう、徹底的に素材から追求した高品質の「歯磨き剤」です。

コメット ロイヤルペースト の詳細はこちら>>

フッ素はインプラント治療を受けた方に、腐食や色素の沈着など好ましくない状況を引き起こすリスクがあります。

麻酔科治療に関連する「コメット歯科の医療情報」

今、お悩みの症状に似た症例があるかも知れません。
気にかかるタイトルの記事はぜひ詳細を御覧ください。

「総合歯科」へ コメット歯科の取り組み
歯医者に行く前に、こんな不安ありませんか? 健幸塾6
驚くべきアンチエイジングは「歯」から! 健幸塾5
認知症の原因は歯周病P.g.菌が発する酵素ジンジパインだった! 健幸塾4
安心なインプラント治療について本当の事を知りたい人へ 健幸塾2
命は口で始まり、歯で終わる 健幸塾1
 
コメット歯科「4つの診療科目」「17の治療項目」「26の診察内容」
皆様の厚いご支援で42年『コメット歯科』感謝の歴史
皆様の厚いご支援で42年『コメット歯科』感謝の歴史 その2
皆様の厚いご支援で42年『コメット歯科』感謝の歴史 その3
 
最先端予防歯科医学編 シリーズNo.1 あらゆる病気は「口の中」から!
最先端予防歯科医学編 シリーズNo.2 「認知症」の原因も「口の中」にあった!
 
「噛み合せ治療・歯周病・インプラント・矯正・金属アレルギー」を複合治療
「前歯が閉じない・歯並びが悪い・顎関節症・親知らず4本」を複合治療
「歯並びが悪い・顎関節症・片噛み・有害金属(銀歯)除去・親知らず抜歯・ホワイトニング」を複合治療
「歯周病・骨造成・インプラント・顎関節症・金属アレルギー」を複合治療
 
「インプラント」とは、どのような治療ですか?
今最も理想に近いインプラントの被せ物、「ジルコニア」で白い歯に
「ニューロマスキュラー矯正」「インプラント矯正」とは?
骨が薄過ぎる難症例でも、骨造成や骨移植でインプラントが可能
インプラント治療は受けたが、思うように噛めない
激安インプラントの危険性と、インプラントで気をつけるべき点
インプラントに賞味期限があることをご存知ですか?
インプラントでヘルシーエイジングケア 噛むことが健康の秘訣
骨の中に埋もれている歯があるため、インプラント治療ができない
骨が無くても、インプラントは可能 ~骨造成手術2例~
骨が無くても、インプラントは可能 ~オールオン4~
他院のインプラントが入っているので治療ができない
インプラントのメリット 45歳女性、68歳男性がハーフマラソンを完走
インプラント治療でドリルを使うのは危険?
知らないと後悔するインプラント後のメンテナンス
インプラントで失敗をしない歯医者選び(1)医師の人柄・契約書
インプラントで失敗をしない歯医者選び(2)激安インプラントを行っていない
インプラントで失敗をしない歯医者選び(3)他の治療方法の説明がある
インプラントで失敗をしない歯医者選び(4)血液検査を行う
インプラントで失敗をしない歯医者選び(5)骨造成を行える
インプラントで失敗をしない歯医者選び(6)ALL-on-4®
インプラントで失敗をしない歯医者選び(7)他院のインプラントも治療可能
インプラントのメンテナンスが必要なのはどうしてですか?
≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲