インプラントに賞味期限があることをご存知ですか?

チタンエイジングを考える

「賞味期限」という言葉に、驚かれましたか。

チタンは化学的に安定した物質で、錆びたり、劣化したりしないという理由から、現在、インプラント治療で骨に埋め込まれるインプラント体に使われる材料は、チタンまたはチタン合金です。

ところが、2009年にUCLAの小川隆広教授が、「チタンの時間的な劣化現象」という衝撃的な論文を発表されました。
その内容は「チタンの表面は加工してすぐの状態ならば非常に高い骨との結合能力があるが、その力は時間の経過にともなって減少する」というものです。
チタン表面に空気中の炭素が付着していき、それがインプラント体の骨との結合、生着を阻害するからなのです。

これがチタンエイジングです。
インプラント体の骨との結合性は、インプラント施術の成功に非常に重要なポイントです。

では、チタンエイジングは具体的に、どれほどの期間で、どれほどの能力差を生じさせると思いますか。

実験によると、加工直後の新しいチタンでは、骨接触率(インプラントの周囲にどのくらい骨が出来たか)が約90%に達したのに対し、加工後4週間経過したチタンを使用した場合には、50%程度まで落ちてしまったのです。この事から、インプラント体が加工後3日以内でなければ、インプラント施術の成功は難しいとも言われています。

しかし、その多くが輸入品であるインプラント体を、工場から製造後3日で患者様へ施術するということは、当然不可能な事です。 そして、何より現状のインプラント体には製造日すら明記されていません。

はっきり言えば、現在、歯科医院にあるインプラント体のすべてが賞味期限切れ状態にあるのです。

コメット歯科クリニックの取り組み

この状況に対して、コメット歯科では、インプラントの成功率を飛躍的に向上させる、新しい技術を取り入れています。

それは「紫外線洗浄によるチタンの改質」です。
「紫外線洗浄」とは、特定波長の複数紫外線を、決められた強度で、特定時間、チタン表面に照射する事です。

これにより、チタン表面は撥水性から親水性へと変化し、血液、すなわち人間の体に対する親和性も向上します。

コメット歯科では、チタンエイジングの回復方法として発見・開発されたこの技術を、インプラント施術に使用するすべてのインプラント体に施しています。

「紫外線洗浄」によって、インプラント周囲に形成される骨量が増大し、骨接触率が一気に上がります。骨形成のスピードも早まり、治癒期間か短縮され、長期的に安定するインプラント治療が可能になるのです。

「紫外線洗浄」によってインプラント体がより早く骨と結合することは、ALL ON 4などの難しい症例には非常に有利となります。

賞味期限という表記について

チタンエイジングの点から言えば、メーカーが考えるインプラント体の消費(有効)期限の2年~5年より、実際はもっと短いものです。これまで常識だった消費(有効)期限について、見直す必要があるとコメット歯科は考えています。 そのために、あえて賞味期限という表記をしています。

お口にお悩みがあれば、保険の範囲で検診し、治療やご相談が出来ます。どうぞコメット歯科までお気軽にご来院ください。

※ 記事は情報誌掲載時の内容が主体になっております。 掲載写真、設備、価格などのデータが最新ではない場合がありますので、詳細に関してはお問い合わせいただきますようお願いいたします。また、記事中の役職・肩書などは情報誌掲載当時、もしくは著書出版時のものです。

≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲