顎関節症の治療は、事前の「噛み合せ」チェックが最も重要

日本人には4人に1人、顎関節症の危険があります

前回は、顎関節症が引き起こすめまいや肩こりなどの様々な全身症状について、お話をしました。
これは決して他人事ではありません。日本人の4人に1人が、潜在的な顎関節症の可能性があると言われているのです。

けれど、安心してください。正しい治療を行うことで改善が可能です。

例えば、虫歯をきっかけに来院された男性患者B様は、長年の頭痛と背中や腰に広がる痛みを抱えていました。
写真でも右肩が大きく下がり、体が右側に傾いていることがわかります。

そこで、コメット歯科で顎関節症の適切な治療を行ったところ、1週間程度で、症状が改善し、体の歪みも改善されました。

治療の前に”噛み合せ”をチェックします

歯の「噛み合せ」は、建築で例えると「測量」という作業にあたります。

建物を建てるためには、基礎が必要です。そのためには正確な測量が欠かせないのです。

だからコメット歯科では治療の前にまず、患者様の噛み合せを調べています。コメット歯科がコンピューターを使って綿密な測定を行うのは、歯の治療にとても大切なことだからです。靴のかかとのすり減り方を例に挙げましょう。
人間の体は、歪みがあると、そこに集中的に負荷がかかって、靴のかかとは、どんどん斜めにすり減ってしまいます。

歯も同じです。噛み合せが悪いど、歯には不自然で不必要な圧がかかってしまい、歯を早く傷めることにつながります。 それだけではなく、様々に不快な全身症状をも、引き起こすのです。

噛み合せ、あっての治療

コメット歯科では、噛み合せを科学的で客観的なデータによって診断しています。
患者様への優れた治療には、まず噛み合せを知るところから始まるのです。

例えば矯正治療では、噛み合せをよく理解した上で行わないと、悪化させてしまうこともあるのです。

もう一度、建築を例えに出しましょう。噛み合せを調べないのは、測量をしないでリフォームするようなものです。
治療をよりよいものにするために、患者様の歯を傷めないために、最初に行う噛み合せのチェックが、とても重要なのです。

今まで歯にともなう改善しないお悩みや、不安をかかえていらっしやる方は、どうぞ、一度、コメット歯科にいらしてみて下さい。
口元の悩みが軽くなっていく、「治ってゆく」どいう喜びを、実感していただけると思います。

次の回では、具体的な顎関節症の治療法として、コメット歯科で用いる特別なマウスピースをご紹介いたします。

お口にお悩みがあれば、保険の範囲で検診し、治療やご相談が出来ます。どうぞコメット歯科までお気軽にご来院ください。

※ 記事は情報誌掲載時の内容が主体になっております。 掲載写真、設備、価格などのデータが最新ではない場合がありますので、詳細に関してはお問い合わせいただきますようお願いいたします。また、記事中の役職・肩書などは情報誌掲載当時、もしくは著書出版時のものです。

≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲