歯周病が全身に及ぼす影響

歯周病菌は腫れた歯肉から容易に血管内に侵入し全身に回ります。血管に入った細菌は体の力で死滅しますが、歯周病菌の死骸の持つ内毒素は残り、血糖値に悪影響を及ぼします。

歯周病は「慢性炎症」として、全身・様々な疾病を引き起こす可能性があります。

参考サイト:日本臨床歯周病学会
最先端予防歯科医学編 あらゆる病気は「口の中」から! 目次>>
≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲