「orcoa」歯周病の進行度をP.g.菌でPCR検査:歯周病治療

歯周病の進行度をP.g.菌でPCR検査

Porphyromonas gingivalis (P.g.菌)とは

歯周病菌(P.g.菌)とは、心臓・循環器系の疾患、糖尿病、認知症等を誘引すると言われている原因菌です。

歯周病とアルツハイマー型認知症の関連>>

PCR検査とは

正式には「ポリメラーゼ連鎖反応」と称され、採取したDNAサンプルの特定領域を、数百万〜数十億倍に増幅させる反応または技術を指します。

あのp.g.菌のDNA(PCR)検査がたった45分 ORCOA オルコア

P.g.菌検出装置オルコア

コメット歯科クリニックは、最新(2021年式)のオルコアを導入

歯周病は細菌感染症の1つと言われているにも関わらず、今までスピーディーな細菌検査システムはありませんでした。

オルコアは、歯周病原因菌で最も歯周病に影響力を持つとされるP.g.菌に着目し、POCT(Point Of Care Testing)に適したP.g.菌検出装置として開発されました。

今までは、歯周病の予防・治療を行っていても、その成果を目に見える形で確認するためには、高価な細菌検査を行う必要があり、検査結果が出るまでには、専門機関に口腔内から採取したサンプルを送付し、数週間近く時間がかかるものばかりでした。

オルコアを使用した検査であれば、45分ほどで検査結果が出ます。

P.g.菌検出装置オルコア 検査結果

最新型のオルコアでは、P.g.菌のタイプ毎の数値を計測できます。

これからの歯周病予防・歯周病治療は、具体的な数値を確認しながら進める事が出来る時代になりました。

治療・予防の成果が具体的に確認できます。 目標を持って毎日のブラッシングなどにも取り組めますから、結果を楽しみに通院してくださる方も増えています。

詳しくは、ご来院の際にスタッフにお尋ねください。

≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲