遅延型フードアレルギー検査

一般的アレルギー検査では発見できない「隠れアレルギー」を特定します

遅延型フードアレルギー検査とは

国内で行われているフードアレルギー検査のほとんどが、短時間でアレルギーを観測できる IgE(アイ・ジー・イー)抗体を測定する検査です。(抗体=アレルゲン=アレルギーを引き起こす原因)

遅延型検査は、名前の通りアレルギーの発現に数時間から数日かかる、 IgG(アイ・ジー・ジー)抗体および IgA(アイ・ジー・エー)抗体を測定するものです。 日本でも数年前から検査が可能となり、この検査結果を踏まえた治療により、症状の改善例が多数あげられるようになってきました。

2011年には世界で評価が高い医学雑誌Lancetに取り上げられ、国内でも現在学術研究が行われるようになりました。

アレルギー症状が明確にありながらも、国内で行われるアレルギー検査では原因が特定できない方や、原因不明の慢性症状が続く方の原因究明ツールとして有効な検査です。

遅延型フードアレルギーの症状の特徴

遅延型フードアレルギーの症状は、身体の外面・内面の多岐に及び、一般的にはアレルギー症状とは認識されないものも多く含んでいます。 さらにメンタル面への影響や肥満との関係も報告されています。 また、症状は1種類とは限らず、複数を同時発症している事が多いのも遅延型フードアレルギーの特徴です。

遅延型フードアレルギーの症状

遅延型抗体の測定で、「隠れアレルギー」を発見

国内で一般的なアレルギー検査(RAST等 IgE抗体検査)を受けたけれど、「陰性」と判定された。 しかし、慢性的な症状が気になる方は是非「遅延型フードアレルギー検査」をお試しください。

下の図に表す通り、アレルギー症状を自覚しながらも IgE検査では「陰性」とされた方の、実に90%の原因を特定できた実績をもつのが「遅延型フードアレルギー検査」なのです。

コメット歯科で血液採取、シアトルの 「USバイオテック研究所」で検査が行われます

アレルギー症状を自覚しながら IgE検査では「陰性」とされた方の、実に90%のアレルギー原因を特定 コメット歯科クリニックで採取された患者様の血液は、アメリカ・シアトルにある「USバイオテック研究所」に送られ、誤差の無いよう2回のチェックが行われます。

コメット歯科クリニックで採取された患者様の血液は、アメリカ・シアトルにある「USバイオテック研究所」に送られ、誤差の無いよう2回のチェックが行われます。

Dr.安奈がまず試してみました

Dr.安奈遅延型フードアレルギーを検査してみました。

患者さまに実施していくにあたって、自分を調べておかないと。
アレルギー症状として挙げられているものに、思い当たることがあり、エイジングケアの観点からも、受けておいた方がいいと思いました。

検査は簡単で、指先とか耳たぶをちょっと針でつついて血を数滴出して、専用の紙のようなものに吸収させるだけ。2週間くらいで結果が出ます。

詳しくはブログをご覧ください>>

遅延型フードアレルギー検査料金

IgA 検査 32,000円(税抜)
IgG 検査 32,000円(税抜)
IgA+IgG セット検査 60,000円(税抜)

厳密な報告書をお渡しすると共に、以後の食事の摂り方などを含めて、丁寧にカウンセリングさせて頂きます。

≡ カテゴリ メニュー ページのTOPへ ▲